ステロイドの塗布方法

ステロイドの塗布の方法

 

 

 

基本的には、改善法を始める時点でステロイドの塗布は中止してもらいます。

 

 

しかし、症状の程度と状態によりますので一概に全ての人が急に塗布を全く中止
する事ができるかというと、そうではありません。

 

 

症状の軽い場合や、アトピー歴、ステロイド塗布歴の短い場合は全く塗布を中止
して下さい。

 

 

ただし、ステロイドの塗布を中止してアトピー改善法を実践すると多かれ少なかれ
必ずリバウンドが発生します。

 

 

この症状は、体内に溜まっている毒素が排出されてきて引き起こされる現象なので
問題はありませんが、一時的に悪くなったような状態になります。

 

 

症状の軽い場合や、アトピー歴、ステロイド塗布歴の短い人は、この時にステロイド
を塗布せずにひとやま超えるまで頑張って下さい。

 

ここでステロイドの塗布を我慢して、乗り越えれば一気に改善されます。

 

 

しかし、炎症が酷い場合やアトピー歴、ステロイド塗布歴の長い人は、どうしても我慢
できない時だけ、ステロイドを軽く塗布して下さい。

 

一気にステロイドを抜いてしまうと、かなり辛いリバウンドがでますので、あせらず
徐々にステロイドの塗布の回数や、量を少なくしていくようにして下さい。

 

「3歩すすんで2歩さがる」ようなつもりで進めましょう。

 

 

【 ステロイドの塗布を中止した場合の炎症対策 】

 

激しいリバウンドをして、皮膚の割れが生じたり、ジュクジュクと湿潤液が出て
我慢できそうも無い場合、単発的にステロイドを塗布し、少し収まったら又しばらく
ステロイドを中断します。

 

還元水を使用されている人は、還元水を炎症のある所に何回も塗布して下さい。
※ 還元水は塗布した場合でも活性酸素に対して、還元作用を働きます。
  炎症箇所に塗布すると、炎症を抑える効果があります。

ステロイドの塗布方法関連ページ

アトピー改善にデトックスと自然治癒力を
アトピーを改善し、キレイな肌にするには、デトックス と自然治癒力を高めてあげる事がとても重要になっていきます。
アトピーと食物アレルギー
アトピーと食物アレルギーは共通しています。今回はアレルギーの基礎知識の一つとして、食物アレルギーについてご説明しましょう。
アトピー患者さんの食事のコツ
食物アレルギーのある人はアレルギー反応のでる食材は食べないようにして下さい。一般にアトピーの5大アレルゲンは、牛乳、大豆、卵、小麦、米といわれます。
アトピーとステロイド
ステロイド酸化物質は組織を交感神経緊張状態にし、血流のうっ滞と穎粒球増多を招き、穎粒球は組織に浸潤し炎症を引き起こします。