花粉症の原因は、マグネシュウム不足

 

◆現代病の原因は、マグネシュウム不足だった!!

 

 

・ 【 にがり 】がなぜいいのか?

 

花粉症は免疫が刺激されて起こるのなら、
免疫力を正常な状態に戻せば、花粉症やマグネシウム不足による
*仕事や人間関係のストレス(怒りっぽくなった)
*だるくて何をするにもやるきがない。
*寝つきが悪く熟睡できない・目覚めが悪い
*生理前のイライラ・ムクミ・下腹部の鈍痛
*汗っかき などの症状も緩和されることになります。

 

この「免疫」というのは、80%が腸 にあります。
この腸をキレイにして免疫力をあげてくれるのが「 にがり 」ということなのです。

 

 

 

★ 健康・美容・ダイエットにも効果的な にがり!! ★

 

 

・ 「にがり」ってなに?

 

ニガリの主成分は“マグネシウム”です。
ベンピ薬にも使用されているのですが、マグネシウムを説明することはヤメにして。
簡単に、【にがり】を飲むとどうなるかと言うと

 

腸に水分が集められ、便が分解されて宿便などがスムーズに排出されるようになり、
全身に毒素が吸収されることなく腸がキレイになって、免疫力が上がる。
免疫力が上がれば、花粉症にもかかりにくくなるということなんです。

 

これは
粉末のマグネシウムをテーブルの上に置いておくと、水分を吸って液状になります。
たとえば、海水浴に行った後、しばらくすると体がベタベタするでしょ
あれが身体の中でおこっているのです。

 

 

花粉症の原因は、マグネシュウム不足関連ページ

花粉症の症状は?
今現在、花粉症の原因となる植物は日本では40種類以上が報告されていますが いったいどんな症状があるのでしょうか。
なぜ花粉症になるのか
花粉が鼻の中に入ってくると、できる限り体外に放り出そうとして、 クシャミで吹き飛ばす。 鼻水で洗い流す。 鼻づまりで中に入れまいと防御してしまっているのですよ。