なぜ花粉症になるのか

ナゼ花粉症になるの?

 

・ ナゼ花粉症になるの?

 

人は(ウイルス・細菌)から身を守ろうとするときに身体の中に抗体をつくり、
異物や異常細胞を排除する免疫と言う機能をもっています。
ですが、この免疫機能が何らかの原因で過剰に働くと身体に悪影響を起こして、
アレルギーを起こしてしまいます。

 

ですから花粉が鼻の中に入ってくると、できる限り体外に放り出そうとして、
クシャミで吹き飛ばす。 鼻水で洗い流す。 鼻づまりで中に入れまいと防御してしま
っているのですよ。

 

 

 

・ 同じ環境にいるのに、花粉症にならない人がいるのは?

 

アレルギー症状は自律神経とも深く関わっています。
ストレスで自律神経の調節が乱れると、アレルギー症状が出やすくなります。

 

ですから、食生活の改善や仕事や人間観でのストレスをためない。
ハウスダスト・ダニや花粉がたまらないように、こまめに掃除することを心がけることで
症状を軽くできます。

 

ということは、花粉症にかからない人は
上手にストレス発散できているという事なんですネェ

 

 

 

そうはいっても、かかってしまったからには、なんとかしたい!!

 

サイトを覗いて見ると、薬や注射をしても1ヶ月程度しか効果なし。

 

ホルモン剤を溶かしている物を注射するために
生理不順や子供の発育不全などの副作用があると書いてあります。

なぜ花粉症になるのか関連ページ

花粉症の症状は?
今現在、花粉症の原因となる植物は日本では40種類以上が報告されていますが いったいどんな症状があるのでしょうか。
花粉症の原因は、マグネシュウム不足
花粉症は免疫が刺激されて起こるのなら、免疫力を正常な状態に戻せば、花粉症やマグネシウム不足による 症状も緩和されることになります。