薄毛の悩みは男性だけのものではありません。

薄毛の悩みは男性だけのものではありません。

薄毛というと、男性だけの悩みと思われがちですが
シミやシワなどの肌トラブルと同じように、女性にとっても切実な悩みのひとつです。

 

更年期前の比較的若い世代でも
「髪が細くなった」、「髪のハリもなくなった」と、薄毛に関する悩みを抱える方が増えています。

 

まず第一に考えられる抜け毛の原因は、やはり年齢によるものです。

 

肌には25歳前後にハリのピークがあることはよく知られていますが、
髪の毛にも年齢的なピークが存在し、
それは肌から遅れること約10年、おおよそ30代の半ば前後と言われています。

 

年齢的にはちょうど中年期にかかるタイミングですが、
この頃から抜け毛を実感するという女性が増え始め
自分の髪の毛の行く末に心配する女性が増えていきます。

 

しかし、年齢による薄毛は人間として当然の現象であり、
中高年に差し掛かればば誰もが避けては通れない過程です。

 

このレベルのものは頭皮をしっかりケアすることで
充分改善の余地がありますからそれほどナーバスになる必要はないものと思います。

 

なぜ中高年で髪の毛が後退するかといえば、その原因はホルモンバランスです。

 

でも、ホルモンの影響だからといって
なすべき手がないかといえば、そんなことはありません。

 

当然年齢が進んでいくことは止められませんが、
女性の薄毛はは食生活や生活習慣の改善などによって
ほんの少し気をつけるだけで大きく改善される可能性があります。

 

髪の発育を、植物の成長と同じようになぞらえて、
体質の改善、つまり土壌を肥沃にすることで髪の毛の成長と発育を促す
女性のための育毛・発毛法・・・それが根岸政未さんの育毛・発毛法です。