水虫の発生しやすい環境

そもそも水虫とはどういった環境において発生するのでしょうか?

 

 

 

水虫菌が繁殖するのは、主にケラチンという栄養源のせいなのです。

 

ケラチンとは淡白質のひとつで、皮膚が再生する際に生まれる角質や皮、
垢などのことです。そのケラチンという物質が、足についた汚れなどによ
って固くなった皮膚の中に溜まってしまい、栄養分を吸収して菌が増殖す
るというわけです。

 

つまり、足が乾燥していて発汗作用が起きなくなると、水虫菌は増える一
方ということになります。

 

これでは水虫がいつまで経っても治らないのは当然のことです。

 

では、一体どうして先ほど述べた治療法が有効なのでしょうか?

 

それはズバリ、ケラチンの除去というファクターがあるからなのです。

 

この治療法では毎回毎回、足をふやけさせ、水分を足にたっぷりと含ませ
ます。
そしてそれが乾いていくと同時に、水分や汗、垢などの代謝物と一緒に排
除されていくのです。

 

 

ケラチンが体内からなくなることで、水虫菌は滅びていくのです。

 

そして同時にそれは、薬を体内に染み込ませやすい状態でもあるのです。
足全体を覆い周りの空気を遮断することで、あたかも漬物桶に密閉されて
いる漬物のような状態になり、薬がよく染み込んでいきます。

 

以上のことをまとめると、重要な点は 2 点。
水虫が繁殖する元凶であるケラチンを除去することと、
長時間薬を浸透させることができること。

 

長時間薬が体内に塗布されていれば、それだけ治療の効果も高く表れます。

 

シンプルですが、だからこそ効果的。これが 3 週間で水虫が治る治療法の
正体なのです。

水虫の発生しやすい環境関連ページ

水虫の治療法とは?
『既存の方法では水虫を完治させるのは困難である』ということに他ならないのです。 身の回りを清潔に保つことさえ容易ではないこの現代社会において、水虫を完治させる方法ははたして存在するのでしょうか?
水虫治療薬を塗るタイミング
一般的に水虫治療薬は、入浴後すぐ薬を塗るのが良いと言われていますが、それではいけないのでょうか?
水虫治療薬は何を使えばいいのでしょうか?
薬は軟膏薬を使用してください。 できれば量が多く、抗菌力や殺菌力だけではなくて、皮膚をどんどん剥がしてくれる薬を使用するのがベストです。