水虫治療薬を塗るタイミング

水虫治療薬を塗るタイミング

 

一般的に、水虫治療薬は入浴後すぐ薬を塗るのが良いと言われていますが、
それではいけないのでょうか?

 

はっきり言ってしまうと、それはあまりいいこととは言えません。

 

足裏の細胞は先ほど述べた通り、幾重にも重なった層でできています。お
風呂に数十分入った程度では、綺麗な状態とはなっていないのです。

 

皆様は、トイレから出る時、紙でお尻を拭くと思います。
しかし、そこで綺麗になるのはあくまでお尻表面であり、
体内、つまり腸や胃の中までは綺麗にできないのと同じ原理です。

 

細胞並に細かい距離感で測った場合、足裏表面から水虫菌までの距離は、
大体お尻から胃までの距離と同じくらいと見て間違いないでしょう。

 

数十分でこの距離まで薬を届かせることは不可能だということは明白でしょう。

 

長時間水に浸けることによって初めて、ケラチンが体外へ排出されていくのです。

水虫治療薬を塗るタイミング関連ページ

水虫の治療法とは?
『既存の方法では水虫を完治させるのは困難である』ということに他ならないのです。 身の回りを清潔に保つことさえ容易ではないこの現代社会において、水虫を完治させる方法ははたして存在するのでしょうか?
水虫治療薬は何を使えばいいのでしょうか?
薬は軟膏薬を使用してください。 できれば量が多く、抗菌力や殺菌力だけではなくて、皮膚をどんどん剥がしてくれる薬を使用するのがベストです。
水虫の発生しやすい環境
まず、そもそも水虫とはどういった環境において発生するのでしょうか? 水虫菌が繁殖するのは、主にケラチンという栄養源のせいなのです。