視力回復

 

子供の視力低下予防と、視機能向上を目的としておりますが、
全ての方に効果があることを、保証するものではありません。
視力低下には、様々な原因・症状があり、効果には個人差があります。

 

また、白内障や網膜はく離など何らかの眼疾患や、その可能性がある方、
重度の近視や内斜視がある方は、必ず医師にご相談の上、自己責任に
おいてご利用される事をお願い致します。

子供の視力回復エントリー一覧

児童の視力低下の現状

・近視児童の低年齢化年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。視力 1.0 以下の児童割合い・就学前児童 25%・小学生 30%・中学生 50%・高校生 60%・不同視の増加左右の目に、視力差がある近視が激増している。単なる近視よりも、左右不同視は改...

続きを読む

視力低下の原因

視力低下とは、屈折異常の状態をいう・近視 焦点が網膜の手前にある・遠視 焦点が網膜より後ろにある・乱視 焦点がどこにも正しく合わない・老眼 水晶体の弾力が弱まり、調節範囲が低下現代は、近くの物を見る機会が多く、目(脳)が近点だけを見るのに都合よくする為に、視力低下しやすい環境下になっている。原因は何...

続きを読む

検眼で、幼児の弱視を予防する

弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が1.0まで上がらない。異常に気付いたら、眼科で精密な検査をうけ、凸レンズでの矯正治療をすぐに行うことが重要。(検眼の方法)簡易検眼でいいので、児童の視力を検査しましょう。上下左右の4種のランドルト環の視力検査表で、小さな子供は、口頭でなく手の指で、ランドルト環の...

続きを読む

視力低下抑制と視力回復トレーニング

プロが行っている、効果的な視力低下抑制と視力回復のトレーニング方法です。たくさんメニューがありますが、大体15分から20分程度で出来るトレーニングです。・首肩をまわす体操・まばたきと眼球移動の運動・眼をすばやく動かす運動・両眼のバランスを整える訓練・毛様体筋のストレッチ・トレーニング・虹彩のストレッ...

続きを読む

近視について

近視には大きく分けて2つのパターンがあります。ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。近視の人の多くは屈折性近視といわれています。そのほとんどは、テレビやゲーム勉強など近くを見る作業を続けた結...

続きを読む

乱視について

乱視は何故起こるのかと申しますと、レンズの形が歪む事によって引き起こされます。角膜は正常であれば丸い形をしておりますが、乱視の人はこれがイビツな形をしております。倒乱視これは、角膜が縦に長くなっている状態。直乱視角膜が横長になっている状態斜乱視角膜が斜めになっている状態さらに、角膜の表面がでこぼこに...

続きを読む