近視について

近視について

近視には大きく分けて2つのパターンがあります。

 

ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が
強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。

 

近視の人の多くは屈折性近視といわれています。
そのほとんどは、テレビやゲーム勉強など近くを見る作業を続けた結果、
遠くを見るときに収縮しなければならない毛様体の筋肉が衰えてしまい、
水晶体が薄くならなくなったことによる後天的な要因で起こります。

 

もうひとつは、「軸性近視」といい、角膜から網膜までの眼軸長が長いためにやはり
網膜の手前で焦点を結び、ピントが合わなくなる状態です。

 

通常の眼軸は25ミリくらいですが、2〜3ミリくらい伸びている人がいます。
ほとんどが遺伝的な要因が多いようです。

 

多くの場合は、この2つの要素を併せ持つ場合が多いようです。
近視は通常20代前半で進行が止まります。
しかし、最近はパソコンなどの普及により成人以降も
近視が進むことがあることが報告されています。

近視について関連ページ

児童の視力低下の現状
年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。
視力低下の原因
視力低下とは、屈折異常の状態をいう
検眼で、幼児の弱視を予防する
幼児の弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が1.0まで上がらない。
視力低下抑制と視力回復トレーニング
プロが行っている効果的な視力低下抑制と視力回 復のトレーニング方法です。
乱視について
乱視は何故起こるのかと申しますと、レンズの形が歪む事によって引き起こされます。