乱視について

乱視について

乱視は何故起こるのかと申しますと、
レンズの形が歪む事によって引き起こされます。

 

角膜は正常であれば丸い形をしておりますが、
乱視の人はこれがイビツな形をしております。

 

倒乱視
これは、角膜が縦に長くなっている状態。
直乱視
角膜が横長になっている状態
斜乱視
角膜が斜めになっている状態
さらに、角膜の表面がでこぼこになっている状態を不正乱視といいます。

 

これらの乱視の種類は、
放射線状の線がどの線が太くなっているかによって調べる事ができます。

 

横の線が濃く見えれば直乱視
縦の線が濃く見えれば倒乱視

 

という事になります。

 

どちらにしろ、乱視があると、目はとても疲れやすくなります。

 

乱視は近視や遠視など、他の視力低下を併発している場合が多く
お互いに関与しあっている場合が殆どです。

 

乱視を良くすれば近視・遠視が良くなるといっても過言ではありません。
逆に、近視・遠視を矯正すれば乱視も自然に回復してきます。

乱視について関連ページ

児童の視力低下の現状
年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。
視力低下の原因
視力低下とは、屈折異常の状態をいう
検眼で、幼児の弱視を予防する
幼児の弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が1.0まで上がらない。
視力低下抑制と視力回復トレーニング
プロが行っている効果的な視力低下抑制と視力回 復のトレーニング方法です。
近視について
近視には大きく分けて2つのパターンがあります。 ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。