視力低下の原因

 

視力低下とは、屈折異常の状態をいう

 

・近視 焦点が網膜の手前にある
・遠視 焦点が網膜より後ろにある
・乱視 焦点がどこにも正しく合わない
・老眼 水晶体の弾力が弱まり、調節範囲が低下

 

現代は、近くの物を見る機会が多く、目(脳)が近点だけを
見るのに都合よくする為に、視力低下しやすい環境下に
なっている。

 

 

原因は何か?

 

(1)環境
   携帯ゲーム機器やパソコン、テレビ視聴、お絵かき、読書
    マンガ、塾の勉強、習い事などの、外的要因。

 

(2)遺伝性
親や家系的な遺伝に起因するケース。

 

(3)視力に関して無認識
視力に関しての、正しい知識が不足している為に、子供の
近視の発症・進行を見逃している。
   メガネ常用の弊害による、近視の促進。

 

視力低下の原因関連ページ

児童の視力低下の現状
年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。
検眼で、幼児の弱視を予防する
幼児の弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が1.0まで上がらない。
視力低下抑制と視力回復トレーニング
プロが行っている効果的な視力低下抑制と視力回 復のトレーニング方法です。
近視について
近視には大きく分けて2つのパターンがあります。 ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。
乱視について
乱視は何故起こるのかと申しますと、レンズの形が歪む事によって引き起こされます。