視力低下抑制と視力回復トレーニング

視力低下抑制と視力回復トレーニング

 

プロが行っている、効果的な視力低下抑制と
視力回復のトレーニング方法です。

 

たくさんメニューがありますが、
大体15分から20分程度で出来るトレーニングです。

 

・首肩をまわす体操
・まばたきと眼球移動の運動
・眼をすばやく動かす運動
・両眼のバランスを整える訓練
・毛様体筋のストレッチ・トレーニング
・虹彩のストレッチ・トレーニング
・周辺視野拡大と瞬間視・右脳力アップの訓練
・眼の追随性(トレース力)をアップする訓練
・立体視・融像視の訓練

 

これらの訓練と、日常生活の中で、
眼によい習慣を行うことで、視力が改善していきます。

 

(アンダーラインの5つの訓練が特に大事です)

視力低下抑制と視力回復トレーニング関連ページ

児童の視力低下の現状
年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。
視力低下の原因
視力低下とは、屈折異常の状態をいう
検眼で、幼児の弱視を予防する
幼児の弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が1.0まで上がらない。
近視について
近視には大きく分けて2つのパターンがあります。 ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。
乱視について
乱視は何故起こるのかと申しますと、レンズの形が歪む事によって引き起こされます。