検眼で、幼児の弱視を予防する

検眼で、幼児の弱視を予防する

 

弱視を見逃すと、メガネをかけても視力が
1.0まで上がらない。

 

異常に気付いたら、眼科で精密な検査をうけ、
凸レンズでの矯正治療をすぐに行うことが重要。

 

(検眼の方法)

 

簡易検眼でいいので、児童の視力を検査しましょう。

 

上下左右の4種のランドルト環の視力検査表で、
小さな子供は、口頭でなく手の指で、
ランドルト環の切れ目の向きを示させるようにします。

 

人間は6歳前後で、目が完成し、
正視1.0以上の視力になります。

 

それまでは、眼軸が短く遠視の状態です。
弱視は、遠視が正視になることがない状態で、
脳に正しい見え方がインプットされない為におこります。

 

 

(学校検眼での視力判定法)
学校での視力測定 視力度数
A    1.0 以上
B    1.0 未満〜0.7 以上
C    0.7 未満〜0.3 以上
D    0.3 未満

検眼で、幼児の弱視を予防する関連ページ

児童の視力低下の現状
年々、児童の視力低下してきており、遺伝によるものだけではない、環境要因の近視が激増している。
視力低下の原因
視力低下とは、屈折異常の状態をいう
視力低下抑制と視力回復トレーニング
プロが行っている効果的な視力低下抑制と視力回 復のトレーニング方法です。
近視について
近視には大きく分けて2つのパターンがあります。 ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。
乱視について
乱視は何故起こるのかと申しますと、レンズの形が歪む事によって引き起こされます。