ポジティブ・シンキングの練習

ポジティブ・シンキングの練習

成功した人たちは物事をすべて「 ポジティブ 」に考えているということです。
「ポジティブ・シンキング」や「プラス思考」と言われるものです。

 

物事をポジティブに、良い面をクローズアップしてとらえることができると、
ストレスがあっても、それを「 自分が成長するための良い刺激 」としてとらえて、
困難を乗り切るためのエネルギーに変えることができれば、
自律神経からくる手汗の悩みも軽減していけるでしょう。

 

例えば何か「 いやだな 」と思うようなことがあったときは、
「 こんな考え方もできる 」と、
違う側面から見直すことができるようになれば、
ストレスはかなり軽減されるものです。

 

例えば、遊びに行きたいのにどうしてもやらなければいけない仕事がある場合、
私たちは「 仕事があるから遊びに行けない 」と
ネガティブ(否定的)に考えてしまいがちです。

 

しかし別の考え方もできるのです。
「 この仕事(課題)が終わったら遊びに行ける 」と、
ポジティブに考えれば、仕事に張り合いが生まれ、積極的に取り組むことができるでしょう。
また、その日のうちには終わらないような仕事(課題)は、
「 今日はここまで終わらせたら、遊びに行く 」などの目標を決めるといいでしょう。

ポジティブ・シンキングの練習関連ページ

ストレスが多い時こそ、気分転換
ストレスが多い時こそ「 ほかのことをしてみよう 」と行動を起こすことが必要です。