抗うつ剤の危険性

 

抗うつ剤には
副作用の危険以上に決定的なデメリットがあるのです。

 

抗うつ剤は「うつ」の本当の原因をマスキングしてしまい、
単に一時的にその症状を隠して、ないものとしてしまうことです。

 

「うつ病」の症状とは、これ以上心身にストレスをかけると
危険な状態になると、体が発する「アラーム」のようなものだと考えられます。

 

 

「うつ病」の症状を薬剤で押さえ込んでしまうということは、
アラームの鳴動をとめ、、目の前の危険から逃避してしまうことと同じ。

 

過度なストレスを受けているという
あなたの脳からのメッセージを無視してはいけません。

 

 

 ・ 頑張りすぎ
 ・ 悩みすぎ
 ・ イライラしすぎ
 ・ 薬の飲みすぎ

 

 

などへのアラーム、切実なインターナルボイスを
包み隠してしまっては、心身の危険な状態を放置することになるのです。

 

にもかかわらず、一般的な今の治療ではその重要

 

 

 

抗うつ剤の危険性関連ページ

自律神経失調症とうつ病の違い
自律神経失調症の症状は、からだにも心にも様々な症状が現れます。 その症状は多岐に渡るものなので、うつ病などの他の病気と間違われてしまうことも多いのです。
強迫性障害の改善
「うつ」の症状はストレスによって引き起こされています。また「うつ症状」が別の因子と結びついたとき「強迫性障害」という症状になって各種のトラブルを引き起こすことがあります。